住宅ローン減税 10年 後に 繰り上げ, ツイッター 意味が わからない, 一周忌 花 3000円, ロール ペンケース 紐, 女の子 イラスト 高画質, 沖縄 生活費 夫婦, 電動 自転車 パナソニック 修理, " /> 住宅ローン減税 10年 後に 繰り上げ, ツイッター 意味が わからない, 一周忌 花 3000円, ロール ペンケース 紐, 女の子 イラスト 高画質, 沖縄 生活費 夫婦, 電動 自転車 パナソニック 修理, " />

- オーレリア ルグィン 学生時代

オーレリア・ルグィンがユーゲントIII世からトールズ士官学院・第II分校の分校長の職を打診され、引き受ける [37] [注 382]。 ミルディーヌ・ユーゼリス・ド・カイエンがアストライア女学院を去る … <黄金の羅刹> オーレリア・ルグィン准将 内戦終結後、降格処分や武勲剥奪処分を受けてリベール王国との国境―――パルム門に左遷されたオーレリアは生きがいを無くしたかのように、かつて”領邦軍の英雄”と称えられていた武人には見えない程覇気を失った様子で生き続けた。 ルグィン(オーレリア)はあの大きさだしむしろディアナさんが異常だった可能性が高いな 51 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイWW 3f7c-x09w [219.111.82.96]) 2019/03/19(火) … 9月27日発売のストーリーRPG『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』。応援企画第7回はサラたち協力者と、クロウなどの動向不明者を解説! 帝国で起きた内戦時には貴族連合・領邦軍の司令の一人を担うが、最後の帝都防衛線において首魁・カイエン公爵が煌魔城を復活させたことで急遽帝国軍と和睦、共闘することとなる。内戦終結後は「灰の騎士」となったリィンと共にノーザンブリア併合のために共闘し、この時点で敵側だったリィンと知己を得た。 2020/08/04 - Pinterest で 朝方 凍土 さんのボード「 「軌跡シリーズ」」を見てみましょう。。「軌跡, 伝説, 閃の軌跡」のアイデアをもっと見てみましょう。 9月27日発売のストーリーrpg『英雄伝説 閃の軌跡iv -the end of saga-』。応援企画第7回はサラたち協力者と、クロウなどの動向不明者を解説! 「左きき」とは少数者=弱者を意味する。 成功とは他の人の失敗を意味します。成功とは私たちが夢見つづけてきたアメリカン・ドリームです。我が国の3000万人を含む様々な地方の人々の大半は貧困という恐るべき現実をしっかり見据えながら生活しているのですから。 その後エステル達はオーレリア将軍の実家である”ルグィン伯爵家”が所有しているオーレリア将軍専用飛行艇―――”バルクルーサ号”でクロスベルへと護送するラマール領邦軍と共にクロスベルに向かう事となり、”バルクルーサ号”がクロスベル !(2017年4月20発売号) 卓越した技術力を持ち、学生時代はアンゼリカ、トワ、クロウらとともに各方面から頼りにされていた。 学院卒業後は大陸全土の技術工房を巡る旅に。一年半後に帝国へと戻り、リィンたちの前にも顔を出すが以降、音信不通となってしまう。 【今週の週刊ファミ通】バンダイナムコの新作死にゲー『code vein』スクープ! 『feエコーズ』や『nier』、『dark souls iii』の最新情報も! オーレリア・ルグィン 声 - 住友優子(閃iii・iv) 武器:宝剣《アーケディア》 「閃ii」から登場。32歳(閃iii)。若くしてヴァンダールとアルゼイドの二大流派から免許皆伝を受け、《黄金の羅刹》の異名を持つラマール州ルグィン伯爵家の女当主。 ・オーレリア・ルグィン 32歳 若くして剣術の二大流派から免許皆伝を受け、「黄金の羅刹」の異名を持つルグィン伯爵家の当主。 軍を退役後、トールズ士官学院・第Ⅱ分校の分校長に就任する。 ・トワ・ハーシェル 21歳 Ⅸ組・主計科の 「英雄伝説 閃の軌跡III」ダイジェスト:序章「春、ふたたび」※このコンテンツには「英雄伝説 閃の軌跡III」に関する重大なネタバレが含まれています。 「英雄伝説 創の軌跡(はじまりのきせき)」の軌跡でポン!〜ベリル編〜の攻略を掲載しています。問題・質問の答え、クリア報酬やミニゲーム解放タイミングを紹介しています。 Pontaポイント使えます! | オーレリア 夢と生 | ジェラール・ド・ネルヴァル | 発売国:日本 | 書籍 | 9784783728252 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! オーレリア自身は槍の聖女リアンヌ・サンドロットを超えることを目標としており、ついには「閃3」にて結社第七柱アリアンロードとなっていたリアンヌと対決、膝をつかせた。なお、この時点でリアンヌ=アリアンロードであることが発覚し、同時にリアンヌからは オーレリア・ルグィン: ラマール州ルグィン伯爵家の女当主 32歳 ヴァンダール・アルゼイドの二大流派の免許皆伝 トールズ本校出身(1年で卒業)百日戦役の頃 ウォレスは1年先輩の同期 ミュラー(兄弟子)もトールズ校出身で卒業後に入学した と言わしめた。 オーレリア・ルグィン(32歳)/登場作品:『英雄伝説 閃の軌跡II』 「《灰色の騎士》の気骨、せいぜい雛鳥たちに示すがよい。 若くしてヴァンダール・アルゼイドの二大流派から免許皆伝を受け、《黄金の羅刹》の異名を持つラマール州ルグィン伯爵家の女当主。 オーレリア・ルグィン 声 - 住友優子(閃iii) 武器:宝剣アーケディア 32歳(閃iii)。若くしてヴァンダールとアルゼイドの二大流派から免許皆伝を受け、《黄金の羅刹》の異名を持つラマール州ルグィン伯 … 学院生時代オーレリアは剣術部・ウォレスは馬術部のリーダーで、雌雄を決すべく 馬上での斬り合いをしたことがあったという。 文武両道も確かなもので、1年で飛び級卒業も果たした。� ノーザンブリア併合後に領邦軍を退役してトールズ士官学院・第Ⅱ分校の分校長(美術・音楽の芸術科教官も兼任。)に就任。さらには、トールズ本校を卒業して新たに教官となるリィンやトワ達の上司としてリーダーシップを発揮していくこととなる。帝国政府からの監視役として来たミハイル少佐も彼女には振り回されている。 武人 女傑 女将軍 オーレリア・ルグィン 声 - 住友優子(閃iii・iv) 武器:宝剣《アーケディア》 「閃ii」から登場。32歳(閃iii)。若くしてヴァンダールとアルゼイドの二大流派から免許皆伝を受け、《黄金の羅刹》の異名を持つラマール州ルグィン伯爵家の女当主。 「なんでアインクラスの化け物が3人もいるんだっつーの! 「自分が不死者になる前だった頃より強い」 ル・グィンさんが亡くなりましたね。学生時代むさぼるように読んだ頃のことを思い出します。ゲド戦記やギフト三部作も好きですが、そのせいかファンタジー作家と思われているかもしれません。当時からその重厚な作風で文豪の風格がありまし ゼシカ・シュライデンがイラスト付きでわかる! ゼシカ・シュライデンとは、閃の軌跡Ⅲの登場人物である。 CV:竹達彩奈 概要 トールズ士官学院・第Ⅱ分校の生徒であり、所属クラスはⅧ組・戦術科。 出身はノルティア州のシュライデン伯爵家。 Aurelia Le Guin (オーレリア・ルグィン将軍(しょぐん)), also known as the Golden Rakshasa (黄金(おうごん)の羅刹(らせつ)), is introduced as a countess and head of the Le Guin family and a Noble Alliance general. オーレリア・ルグィン【閃の軌跡2・閃の軌跡3】 2017/4/14 軌跡シリーズ, 閃の軌跡2, 閃の軌跡3 オーレリア・ルグィン【閃の軌跡3】についての予想妄想 記事を読む オーレリア・ルグィン Aurelia Le Guin 别号 黄金罗刹、黄金军神、将军、分校长 发色 银发 瞳色 紫瞳 年龄 32岁(1206年) 生日 6月1日 星座 双子座 声优 住友优子 萌点 将军、校长、巨剑、巨乳、黑丝、高跟鞋 出 … エレボニア帝国 トールズ士官学院・第Ⅱ分校 オーレリア 最強キャラ本命か? 現時点で単独一位のキャラだと思います。 閃2の終わり際に名前だけ出てきた時には、強キャラが増えすぎていたこともあり、有象無象の中の一人だと思っていました。 黄金の羅刹って…ハッタリがきついね、という感じでした。 帝国内戦時にオーレリアの側近を務めたウォレス・バルディアス少将はトールズ士官学院での同級生で、それ以来からの長い付き合いである。学院生時代オーレリアは剣術部・ウォレスは馬術部のリーダーで、雌雄を決すべく馬上での斬り合いをしたことがあったという。文武両道も確かなもので、1年で飛び級卒業も果たした。したがって、オーレリアもトールズOGかつ、リィンたちⅦ組やオリヴァルト殿下の先輩にあたる。 2020/08/04 - Pinterest で 朝方 凍土 さんのボード「 「軌跡シリーズ」」を見てみましょう。。「軌跡, 伝説, 閃の軌跡」のアイデアをもっと見てみましょう。 !」 オーレリア・ルグィンは何よりも己が武を全霊で震える強者との戦いを求めているのだから。 「では始めるとしましょう、蒼の起動者よ。 あなたには先を往くあの子になんとしてでも追いついて貰わねばな … その後、決起軍から発展した「千の陽炎作戦」の総司令をカシウス・ブライトに譲り、大戦勃発時には「塩の杭」のひとつを師でもあるヴィクター・決起軍で共闘したヴィータ、そして遊撃士トヴァルと攻略するが、オーレリア含めた三人がエレボニア最強の剣士と魔女であることからトヴァルは ローエングリン城での事件を解決後、レグラムに戻ると貴族連合軍の艦が。貴族連合軍に組する、伯爵家当主のオーレリア・ルグィン。銀髪ウェーブヘアーのなかなかの美人さんです。ビジュアル絵がないのが惜しいです。 Jun 11, 2020 - Explore Ryan Houser's board "Trails of cold steel", followed by 5216 people on Pinterest. 英雄伝説 軌跡シリーズの年表では日本ファルコムのコンピュータRPGシリーズである〈英雄伝説 軌跡シリーズ〉の架空世界における出来事を、年表形式に掲載する。なお、「七耀暦」は作品中で使われる架空の暦である。, おおまかな時代区分としては、《大崩壊》から七耀教会登場までの《暗黒時代》と呼ばれる時代(七耀暦1年頃 - 500年頃)、七耀教会がもたらした秩序による安定期(500年頃 - 1100年頃)[1]、《導力革命》以降(1150年以降)の3つに分けられる[1]。, 2020年現在の最新作「創の軌跡」までの軌跡シリーズ各作品の本編は、七耀暦1202年から1207年の間のいずれかの時点を舞台にしている(下表参照)。, ゲーム本編の時代のおよそ1200年前で、七耀暦の紀元となる時期に、《七の至宝》が失われ、ゼムリア文明(古代ゼムリア文明)という超古代文明が崩壊した[1][7]。(《大崩壊》), 《大崩壊》の後、ゼムリア大陸では大小さまざまな国家、勢力による戦いが約500年間続き、作品中ではこの時代は《暗黒時代》と呼ばれている[1]。, 《暗黒時代》が終わってから《導力革命》が始まる1150年頃までにかけての時代は、作品中では七耀教会の秩序がもたらした安定期とされ[1]、おおまかに「中世」と「近代」に細分化されている[28][36][注 30]。, 第四章「霧魔の標的」までは1202年の出来事。第四章途中以降のどこかの時点で年が明けて1203年になっている。, 第3章以降は10月に入っている可能性がある。クロスベル自治州以外に、リベール王国、レミフェリア公国が舞台となる。, 「閃の軌跡」(1作目)のゲーム本編ではナレーションのみで処理される。シノプシスではユミルに到着した日は10月1日と設定されているため, クロスベルには行けない章もある。最終幕のみ9月。後日譚では翌年までの出来事が語られる。, 七耀暦が作品世界中のいつ頃に成立した暦なのかは明らかにされていない。この記事では《大崩壊》直後に起こったとされる出来事を、便宜的に七耀暦1年頃の出来事として扱っている。, 七耀教会は《大崩壊》の直後に設立されたと語られている(グランセル大聖堂のカラント大司教, 「閃の軌跡II」でも、エレボニア帝国の建国時期は「《大崩壊》の直後だと言われて」いると語られている, 「空の軌跡 the 3rd」以降の設定では、「空の軌跡SC」中で年が1202年から1203年に切り替わっていることがわかるが、「空の軌跡SC」本編中では一貫して1202年であることを前提にした発言になっている。そのため、「SC」第四章以降の発言も、1202年にされたものとして扱っている。, 「空の軌跡FC」では、グランセル大聖堂のリヴァル司祭が、グランセル大聖堂ができた時期(82年頃)はリベール王家ができたのと「ほぼ同じ頃」と言っている, 《黒の史書》では、ゾロ=アグルーガの出現は帝都ヘイムダルが開かれてから「200年」後で, この時点でカレル離宮が存在したのかは不明。正確な年も不明だが、黒のアルベリヒは1206年から見て「900年」前の出来事として語っており, 300年~400年の間に作られたと推定されていて、正確な時期は不明。この時点で「クロスベル」という地名だったのかも定かでない。, 作品中に登場するローゼリア(2代目ローゼリア)が先代の長によって眷属創造で生み出された時期は不明。「閃の軌跡III」で、1206年時点で本人は「およそ800歳」と言っており, バルフレイム宮の完成は1206年から見て「およそ800年」前(七耀暦400年頃)の出来事なので, 1206年から見て「800年」前のこの時期以降、帝国で戦が起きるたびに騎神が武力として用いられるようになる, 中世と近代の節目について、エレボニア帝国の場合、獅子戦役の終結に置くと考える説があるということが語られている, 《紫紺の騎神》が失われた時より後で、《煌魔城》に突入する7月1日よりは前の出来事。, 死亡の原因について、一般には知られておらず、ゲーム本編の時代では謀殺説などもささやかれている, 「閃の軌跡II」では、1204年12月30日から見て「250年ト128日前」の出来事とヴァリマールが言っており, ドライケルスが「闇」による呼びかけに苦しめられるようになったのは、「獅子戦役の後」, 具体的な年は不明。1作目の「閃の軌跡」では、時期は1204年から見て「およそ220年前」、ドライケルス帝の即位から「30年あまり」後(980年代)、とされていたが, 具体的な年は不明。「空の軌跡FC」の劇中劇「白き花のマドリガル」(1100年代を舞台にしている)で、共和国の建国が「10年前」と言及がある, 各作品で「およそ50年前」と語られており、この時期の出来事として言及があるものの、具体的な年は不明。, 具体的な年は不明。1202年から見て「約50年前」、「《導力革命》とほぼ同時代」で1150年頃に設立されたということになっているので、年は前後する可能性がある。, 「空の軌跡 the 3rd」中の「太陽の扉5 軌跡でポン 【かんたん】」の解答では「1203年で創立50周年になるらしい」とカンパネルラが言っており, 同じ時期に3人がレマン自治州を去ったことは「空の軌跡 the 3rd」内で語られている, この年のいつ頃の出来事であるかは不明なので、同じ年の他の出来事と順番が前後する可能性がある。, 《カペル》のデータに基づく。ツァイス技術工房が設立された1157年ではなく、1160年に工房長(=ツァイス市長)に就任している, 1206年から見て「40年前」で、オズボーンが「13歳」、テオ・シュバルツァーが「5歳」の時の出来事, 正確な年は不明。この数年後に生まれるオリヴァルト皇子の誕生年が1177年であることを踏まえると、1170年代半ばの出来事ということになる。1206年時点でユーゲントIII世の年齢は48歳(「38歳」のアルバート・フォン・バルトロメウスより「10歳年上」, 1165年から10年間かけて開通している。1165年にヘイムダル - ルーレ間の路線が開通していること以外、開通した順序は不明。, 「空の軌跡FC」で1177年4月1日生まれと設定されていて、その後の各シリーズの年齢設定にも一貫性がある。, 1206年時点で、オリヴァルト皇子はミュラーのことを「20年来の友人」と呼んでいることから, 正確な年は不明。1206年時点で29歳のルーファスが生まれた時なので、1177年頃の出来事ということになる。この時点でヘルムート・アルバレアが公爵位を継いでいたのかは不明。, 出現時刻について、「空の軌跡 the 3rd」では「午前5時45分」となっているが, 「空の軌跡 the 3rd」では、バルクホルンが《塩の杭》を見つけたのは塩化現象が終息した日の出来事となっているが、「閃の軌跡III」で、バルクホルンがノーザンブリアで《塩の杭》の調査を行ったのは1206年から見て「27年前」(1179年)のこととして語られているため, 1202年時点でも使われている地上5階・地下5階の建物に移転した。この頃から地下工場は備えていた。, ワイスマンの名前は伏せられているが、「空の軌跡 the 3rd」中の「星の扉2」で確認できる。, 正確な時期は不明。1206年時点でアルバート・フォン・バルトロメウスは「38歳」なので, 発掘された年は中央広場のプレートで確認できる(「閃の軌跡III」、同「IV」でも確認できる)。, リィンの誕生年は、日本ファルコム監修による書籍でも差異があり、「閃の軌跡マガジン」Vol.1(2017年刊)やVol.5(2018年刊)中の年表では、七耀暦1187年生まれとなっている, アリアンロードは以前から《盟主》による誘いを受けていたが、この出来事を契機に誘いを受けることを再考し, 1206年6月時点で「27歳」(もうすぐ28歳になると言っている)のサラが「10歳の時」なので、1188年か1189年の出来事ということになる, 正確な時期は不明。ユーゲントIII世の即位はアリエル・レンハイムの死より後の出来事, 1204年時点だと主に財団によって計画が進められているということ、IBCからの資金提供によりクロスベル市で大規模な試験運用が行われているということが「零の軌跡」で語られている, 1206年6月時点で「27歳」(もうすぐ28歳になると言っている)のサラが「13歳の時」なので、1191年か1192年の出来事ということになる, 「零の軌跡」では1204年時点で21歳のランディが「9歳」だった頃(1192年頃)とランディが語っており, オズボーンが貴族派将官たちを諫めた数日後で、《百日戦役》が始まる直前の出来事。《ハーメルの悲劇》とほぼ同時期なので、4月の出来事ということになる。, パルムに来ていたミゲルは偶然見つけたアッシュを伴って夜行列車でラクウェルまで移動した, 「SC」でアリシアII世はこの交渉の時期について「反攻作戦が功を奏したとはいえ」と言っていることから, ロレント市の時計台は「反攻作戦によって追い詰められた帝国軍師団の悪あがきによって破壊された」と、アリシアII世が回想しているので, 「空の軌跡FC」終章で、カシウスは「戦後すぐに退役」したとリシャールが回想しているが, 二人が対面したのは1206年から見て「12年前」で、テオ・シュバルツァーが事情を知らないまま鷹狩の場を用意した, 1206年時点で25歳のシャロン・クルーガーが「13歳」の時(1194年頃)で、この時点で結社《身喰らう蛇》にはアリアンロード、マクバーン、レーヴェがいるため、それぞれの加入よりは後の出来事ということになる, シャロンのほか、第四柱《千の破戒者》、執行者No.III《黄金蝶》がこの時に《身喰らう蛇》に加わった, ヨシュアがワイスマンに預けられ修復と調整を受けてから結社での活動を始めるまでの期間が「2年」, オズボーンが宰相に就任して「3年目」にあたる年で、かつジュライ市国の鉄道路線爆破事件よりは後の出来事, 1206年時点で弟子入りしてから「10余年」であるため、1195年以前の出来事ということになる, 正確な時期は不明で、1195年か1196年の出来事(1196年の場合、フランツ・ラインフォルトの「事故死」よりは前)。「閃IV」ではセリーヌが生み出されるよりは前とされていたが, クレアの叔父に判決が下った後で、かつクレアがトールズ士官学院に入学するより前の出来事。1206年7月時点でモーガンは「10年あまり」前のこととして語っている, 「閃の軌跡」と「閃の軌跡II」では、シャロンがメイドとなるのは1204年から見て「7年くらい」前(1197年頃)の出来事として語られている, 正確な時期は不明。ガルシア・ロッシが《西風の旅団》に所属していた頃の出来事で、かつ軍用飛行艇が使われているので, 「閃の軌跡IV」でクロウは年齢は鯖読んでおり、「学生時代には成人していた」と語っているが, 「空の軌跡SC」第2章で、ヴァルターが自分が出奔した時のことを語る際に「あの後すぐに」結社にスカウトされたと言っている, 「空の軌跡SC」第7章で、ヴァルターとヨシュアが顔を合わせた際の会話で、2人が以前から互いに面識を持っていたことがわかる, 作品中では語られていないが、執行者ナンバーは執行者になった順序で付けられているという設定がある(現在も有効なのかは不明)。「閃IV」で、1196年時点でクルーガー(シャロン)が「執行者No.IX」を名乗っていることから, ロレントの時計台が再建された後の出来事。ヨシュアがカシウスを襲撃したのは時計台の修復完了より前の時点と思われる, 「空の軌跡 the 3rd」第四話で、ケビン・グラハムが従騎士になった時点で、ルフィナ・アルジェントはレーヴェと関わった事件を既に解決済みであることがわかる, 正確な時期は不明。「空の軌跡FC」終章で、1202年から見て「5年前に、共和国での事件を解決してそうなった」とヨシュアが言っている, 「空の軌跡 the 3rd」中の「月の扉3」(1197年末)でカシウスがカルバード共和国に行っていることが確認できるほか、1198年にも《D∴G教団》殲滅作戦にカシウスとジンが共に参加しているが、これらの出来事との関係は定かでない。, 「閃の軌跡」公式ウェブサイトの年表や「セプト=アーカイブス」の年表では、1198年の出来事ということになっている, 「空の軌跡SC」終章のレーヴェ戦でケビン・グラハムを入れて戦った場合、戦闘後にレーヴェとケビンの間でルフィナについての会話があり、その中ではルフィナが亡くなったのは1202年, 「閃の軌跡III」では、1206年時点で「27歳」のサラが「18歳の時」(1196年か1197年)の出来事として語られていたが, 第216期生にあたり、1204年入学のリィンら第221期生より「5年」先輩にあたる, 1206年時点で16歳のミルディーヌが「9歳」だった頃なので、1199年頃の出来事, 1204年から見て「5年くらい前」で、セルゲイが警察学校に移った後の出来事ということ以外は不明, 1204年から見て「5年前」で、レミフェリア公国の前大公の崩御とアルバート・フォン・バルトロメウスの即位の間にあった出来事, 「閃の軌跡」では、1204年時点で退役してから「10年近く」経っているということになっていたが, 1204年から見て「4年くらい前」の出来事で、ケビン・グラハムがアリオス・マクレインに助けられ大きな借りを作った, ゲーム本編では、時期は不明。「空の軌跡外伝 レーヴェ物語」では、リベール王国に情報部が発足する前にリシャールにスカウトされている, 翌年の学園祭の場合、学園祭の1か月後に女王生誕祭が催され、その2か月後にリベール王国に戻ってきたエステルが活動を再開し、ルーアン、ツァイス、グランセルにおける事件を経て、不戦条約が締結される、というリベール王国での一連の出来事は全て同じ年の内に起こっているので、学園祭は9月以前に開催されていることになる。従って、ジェニス王立学園の学園祭が毎年同じ時期に開催されている場合、8月か9月初めに開催されていると推定できる。, 家出してクロスベルに向かったのは1204年から見て「3年前」で、かつ、ガイ・バニングスの死より後の出来事, リーシャは先代の跡を継いでから「2年が過ぎ」て、黒月と契約を結び、クロスベルに赴いている, 1202年中に確実に起こった出来事として確認できる不戦条約締結より最低でも5か月から6か月前の出来事なので、この年の前半の出来事ということになる。遊撃士は「16歳以上」である必要があるが、エステルの誕生日はジェニス王立学園・学園祭のオーバル相性占いマシーンでは「1186年8月7日」となっているので、この時点では満年齢ではまだ15歳ということになる(ヨシュアは「1185年12月20日」生まれなので前年に満16歳になっている)。, 「空の軌跡FC」でエステルとヨシュアが正遊撃士になるまでにかかった期間について。エステルとヨシュアは女王生誕祭の日に正遊撃士になっているが、2人が準遊撃士になった日に発売された『リベール通信(1)』に「生誕祭まで半年を切った」とある一方で、女王生誕祭の1週間前の時点で、クルツはカシウスに漆黒のオーブメントを送った時期(2人が準遊撃士になった日の2日後にあたる)を「3ヶ月ほど前」と言っているため、何か月かかったのかやや判然としない。エステルとヨシュアがボースを発つ時点で生誕祭まで「2、3ヶ月」とシェラザードが、同じく、ルーアンを発つ時点で生誕祭は「1ヶ月くらい先」とヨシュアが言っているので、『リベール通信(1)』の記述を無視して登場人物の発言だけ見れば、2人の旅の期間は3か月から4か月程度ということになる。, 事件発生の連絡がエステルとヨシュアが準遊撃士になった日の日中にカシウス宛に送られている, 帝都支部が襲撃され始めたタイミングとの前後関係は不明。この時点でサラはA級遊撃士で, エステルとヨシュアが正遊撃士になった日(女王生誕祭当日)に遊撃士協会を退会し、その日の内に軍議に参加している, 「空の軌跡SC」では「第4世代戦術オーブメント」とは呼ばれていない。「空の軌跡FC」で使われていた戦術オーブメントが第3世代にあたるのか第4世代(旧型)にあたるのかは不明。, エステルとヨシュアが準遊撃士としてロレントを旅立ってから、少なくとも5か月から6か月経っているので、この年の後半にあった出来事と推定できる。, 正確な時期は不明。「閃III」では、「最年少のA級だった《紫電》」にはノーザンブリアで足止めを喰らってもらったとカンパネルラが語っており, 「碧の軌跡」ではランディがクロスベルに来たのは1204年から見て「2年前」と《バルカ》のドレイクオーナーが語っているが, 「空の軌跡SC」では、この事件の最中に《ハーメルの悲劇》を10年前の出来事と言っている等、各登場人物の発言は年が1202年であることを前提にしたものになっているが、後発作品の「空の軌跡 the 3rd」以降では1203年の出来事として扱われているので、この記事でもそれに準じる。2月の出来事であることは、「閃の軌跡III」中の「黒の史書(6)」で明らかになった, 帝国の第3機甲師団がハーケン門まで来た日と同一日なので、《リベル=アーク》出現の3日後の出来事ということになる。, 「閃の軌跡III」中の「黒の史書(6)」の記述から、《リベル=アーク》出現から3日後の出来事であることがわかる, 「空の軌跡 the 3rd」中の『リベール通信・特別号(2)』で、「先月より」出現していた《リベル=アーク》が崩壊するという記事があるので, オリヴァルト皇子がリベールのグランセルを発ったのはクロスベルへ行くためにグランセルを発ったオズボーンとほぼ同時, 1204年7月にサラが帝都東支部を訪れた際に、「1年半くらい前」までは週1でよく来ていたこと、ヴァンダイクの勧誘により「去年の春」から武術教官としてトールズ士官学院に雇われているということを本人が語っている, 1204年3月31日の時点で、それまでの活動期間を「1年間」とアンゼリカが言っている, ARCUSはENIGMAやRAMDAといった他の第5世代戦術オーブメントに比べてかなり早くから存在したことになるが、ENIGMAも1204年初めに支給された時点で、ティオ・プラトーが「ようやく実戦投入」と言っていることから, 《リベールの異変》終息より後の出来事。1204年6月27日から見て「1年ほど前」なので、6月前後の出来事と思われる, 《リベル=アーク》崩壊より後で、《影の国》事件よりは前の出来事。《影の国》事件の直前の時点で既に会社が軌道に乗りつつある。, 《リベールの異変》終息より後の出来事。この年のいつ頃の出来事であるかは不明なので、他の出来事と順番が前後する可能性がある。室長のキリカ・ロウランは「オーバルギア計画」の始動後にツァイスを去っているが、室長職の打診は数か月前にされており、《ロックスミス機関》の発足がキリカの赴任前なのか後なのかは定かでない。, 時期は「閃の軌跡」中の『帝国時報・第6号』(七耀暦1204年8月21日入手)に基づく。, 「閃の軌跡」中で、8月の『帝国時報・第6号』が「1周年になる」と記載しているので、8月もしくは9月に開局したということになる, この年のいつ頃かは不明。これにより中央広場脇のビルが空き、翌年初めからクロスベル警察特務支援課・分室ビルとして使用されるようになる, 時期はエステルとヨシュアが旅立った後、かつ《影の国》事件より前。また、《リベールの異変》終息後、《カペル》の復旧に2か月以上かかっており、この計画への着手はそれ以降の出来事と語られている。計画始動は月半ばで、キリカが「来月の頭」にはツァイスから去る予定だと言っていることから、この計画の始動は8月から10月にかけてのいずれかの月の月半ばの出来事ということになる。なお、オーバルギアの起動実験が行われたのは「28日の金曜日」で, 「零の軌跡」序章では、警察学校を卒業してから「1ヶ月ぶりくらい」とフランツが言っている, 「空の軌跡 the 3rd」の時点で、レンが結社には戻っていないことをエステルとヨシュアが把握していて、2人がクロスベルにいない点は、『審判の指環』第4話の事件解決時と対応している。, 地名はドラマCD『閃の軌跡II 外伝 ~辺境の里アルスター~』で明らかになった。この出来事については、「閃の軌跡IV」のゲーム本編でも過去にあった出来事として語られている, 「空の軌跡 the 3rd」冒頭のケビン・グラハムのルシタニア号潜入は《リベル=アーク》崩壊から「半年余り」経った頃の出来事, 「零の軌跡」終章のエステルの発言で、教団事件の解決時点から見て「(《影の国》事件で、レンと)最後に別れてから半年」、「ここ(クロスベル)に来てから3ヶ月」とある。「閃の軌跡」中の『帝国時報・第2号』に基づくと、教団事件の解決は1204年5月(5月21日以前)なので, 《リベールの異変》だけでなく、それまでの一連の事件への評価も含めて賞が与えられている。「空の軌跡FC」終章の時点でも、クーデター事件の取材・報道によりフューリッツァ賞を受賞する可能性があることが語られている。, ルトガーが不死者として蘇った時期は不明。「閃の軌跡II」終章(1204年12月末)の時点で、ゼノとレオニダスは「団長を取り戻す」と言っているが, 1204年初めの時点で、最新型として特務支援課に支給されているので、1203年末か1204年初めの出来事ということになる。特務支援課に支給された際に、ティオが「ようやく実戦投入」と言っていることから, 「零の軌跡」第1章・1日目の時点で、特務支援課は発足から「1ヶ月ちょっと」経っていることが同日の中央広場での会話から確認できる, 「零の軌跡」第2章開始時点で、ルバーチェ商会のマルコーニ会長が《黒の競売会》を「来月」、特務支援課が「金の太陽、銀の月」の初演を「来月」と言っている, 正確な時期は不明。ユンが指南を与え始めたのは1206年から見て「10年前」(1196年)で, 「零の軌跡」第1章・1日目の時点で、「再来月」に予定されている催しとして語られている, 「碧の軌跡」で、ディーター・クロイスの大統領就任演説の日(10月24日)から見て「半年以上前」の出来事として, ルバーチェ商会によるもので、会長のマルコーニはこの決断を創立記念祭最終日の「1週間」後の時点で行っている, 目覚めたのは1206年4月から見て「2年前」で、ルーファスらが貴族連合に内部工作をしかけるより前で, 特務支援課が太陽の砦に潜入した「1か月後」に市庁舎で行われた表彰式にエステルらが参列しており、その時期よりは後で、クロスベル市の市長選挙よりは前の出来事。, 「零の軌跡」第4章で入手可能となる『クロスベルタイムズ(7)』で、マクダエル市長の任期が残り4か月であることと、市長選が「4ヶ月後」(9月)に予定されていることが記されている。しかし、実際には「碧の軌跡」の開始時点(8月半ば)時点で市長選は終わっており、予定が変更されたことを確認できる。「閃の軌跡」中の『帝国時報・第2号』(5月22日入手)と『帝国時報・第3号』(6月15日入手)の間に実施されているので、選挙が行われたのが日曜日であれば、5月23日、30日、6月6日、13日のいずれかということになる。, 《教団事件》解決から1か月後の時点で、ヘンリー・マクダエルはまだ市長職にあるので、州議会議員の補欠選挙が行われたのは、6月以降の出来事ということになる(7月の帝国の夏至祭には州議会議長として出席している, ドラマCD『碧の軌跡 ~未来へ続く道~』では、特務支援課の一時解散の時点で既に州議会の議長になっている。, オルキスタワー突入作戦の時点から見て「半年ほど前」なので6月頃の出来事ということになる。時期は他の出来事と前後する可能性がある。本編中ではマリアベル・クロイスによる犯行と疑われている。, 西ゼムリア通商会議のほぼ2週間前の出来事なので、「閃の軌跡」で示された日付から、8月半ば(8月12日頃)の出来事ということになる。なお、「碧の軌跡」本編ではこの潜入の冒頭「七耀暦1204年──某月」、「教団事件から数ヶ月後」と表示される。, 実質的な活動再開はこの2日後となる。西ゼムリア通商会議のほぼ2週間前なので、8月半ば頃に再始動していることになる。, 特務支援課が実質的に再始動した日の出来事。翌日、ルバーチェ商会跡で特務支援課メンバーがシグムントらと会う。その後、8月29日にランディがシグムントと再会した際に「前に会ってから2週間」と言っているので、西ゼムリア通商会議の2週間前(8月14日頃)の出来事であることがわかる。, 特務支援課が実質的に再始動した日の翌日の出来事(ロイド・バニングスらが旧アルタイル・ロッジに潜入した日の3日後)。この直前にアリアンロードがクロスベルを担当することが決まる(ノバルティスに教えられるまでカンパネルラがそのことを知らなかった)。, 「碧の軌跡」本編ではこの日の冒頭「七耀暦1204年初秋」と表示されるほか、クロスベルの住人たちの会話から通商会議の開催が「月末」であることがわかる。, 「碧の軌跡」で一連の過程を見ることができるが、「碧の軌跡」ではギデオンの名前は出ない。, オルキスタワーが襲撃を受けたという情報がミュラーからナイトハルトに伝達され、その後にガレリア要塞が襲撃を受けるという流れなので, 試験班がツァイス市を訪れた際に、《カペルII》が盗まれた日を「6日前」とラッセル博士が言っており、同じ会話で、ナハト・ヴァイスとクロエ・バーネットが自分たちがグランセルに出張した日のことを「5日前」と言っているので、二人が準遊撃士になる前日の出来事ということになる, 武術大会エキシビジョンマッチ後の会話から、ナハト・ヴァイスとクロエ・バーネットが準遊撃士になってから6日目の出来事であることがわかる, 女王生誕祭の武術大会の決勝日(爆破未遂テロ事件のため延期されていた)と同日。ジオフロントD区画で戦闘があった日の翌日にあたる。ツァイス中央工房でのヘイゼルとの会話から、生誕祭明けであることがわかる, 「閃の軌跡」のシノプシスでは、特科クラスVII組がユミル駅に到着した10月1日午前中の時点でこの事故は発生済み(10月1日朝かその前日に発生)の状態, この旅行後に練習を始め、「閃の軌跡」の終章冒頭、10月21日時点でエリオットが練習期間について「この半月余り」と言っており、「閃の軌跡II」で、ブルブランはこの時のことを12月5日から見て「2月余り」前のこととして語っていることから、10月5日よりは前の旅行ということになる。, 「碧の軌跡」中の『クロスベルタイムズ(5)』の記事で、マリアベルのIBC総裁代行就任は《クロスベル市襲撃事件》の3日前であることがわかる。, 「碧の軌跡」第4章開始時点で、この事件から1週間経っており、クロスベル独立の住民投票はその3日後に開催される予定となっている。そのため、この事件は住民投票(10月17日頃)の10日前の出来事ということになるので、10月初め(10月7日頃)の出来事である可能性が高い。, 「閃の軌跡」中の『帝国時報・第10号』(10月21日入手)に載っているこの事件についての記事の中で、「クロスベルは先月もテロ事件があったばかり」というコメントが載っている。「先月のテロ事件」が8月31日の西ゼムリア通商会議でのテロを指す場合、この襲撃事件は9月にあったことになる。9月18日に入手できる『帝国時報・第8号』、9月26日に入手できる『帝国時報・第9号』にはこの事件についての記述がないため、『帝国時報』の記事からもこの事件が9月末以降の出来事であることは確認できる。, ノエルは《クロスベル市襲撃事件》の1週間後、クロスベル独立の住民投票の3日前にあたる日に特務支援課での任務を完了し、翌日朝に特務支援課を去っている。従って、10月半ば(10月15日頃)の出来事である可能性が高い。, ノエルの任務の最終日に、エリィは特務支援課で一緒だった期間が「3ヶ月くらい」、ティオは(ティオが復帰した8月30日から数えて)「2ヶ月」と言っている。, クロスベルの「運命の日」すなわち零の至宝が誕生する日(10月24日)の1週間前で、《クロスベル市襲撃事件》(日付不明)の10日後の出来事。住民投票が行われたのが日曜日であれば、「閃の軌跡」中の日付から、10月17日の出来事ということになる。, クロスベルの国家独立宣言の前日で、ゲーム中で条件が揃いレイクロードIII世に爆釣勝負を挑めるのはこの日のみ。, 「碧の軌跡」中の『クロスベルタイムズ(10)』で、この24時間後に軍事介入が行われたと記載がある。「閃の軌跡」のガレリア要塞の消滅時刻に基づくと15時から16時頃ということになる。, 攻略の過程で日をまたいでいるため、厳密には、ヴァリマールを発見したのは10月24日。, クロスベルの独立宣言の1か月後の出来事。この時点でガルシア・ロッシが拘置所に入ってから(太陽の砦で捕まってから)「半年以上」経っており、ケビン・グラハムとロイドがアルタイル市で別れて(8月半ば)から「4ヶ月ぶりくらい」とケビンが言っているので、11月末か12月初めの出来事と思われる。, ユーシス・アルバレアとサラ・バレスタインが合流した日のことを、12月12日時点で「2日」前とマクバーンが言っている。, 「碧の軌跡」で、この時点で《クロスベル市襲撃事件》を「2ヶ月前」の出来事とグレイスが言っている。「閃の軌跡II」の日付から12月に起きた出来事であることがわかるが、正確な日付は不明(12月23日以前の可能性が高い)。, 「碧の軌跡」で星見の塔の鐘の共鳴が止まった時の空から、結界が消えたのは夕方であったことがわかる。「閃の軌跡II」のガレリア要塞跡から、12月23日時点でクロスベル市の結界が健在なことを確認できるため、クロスベル市の結界が消滅したのは12月23日、24日、25日のいずれかであることがわかる。, デュバリィが「クロスベルに続いてこのような失態」と言っている(星見の塔で特務支援課に敗れたことを指している)ので、マクダエル議長によるクロスベル独立国の無効宣言や、特務支援課による星見の塔の攻略よりは後の出来事であることがわかる。, 日付けは「閃の軌跡II」に基づく。「碧の軌跡」でも、オルキスタワー突入作戦の際、ディーター・クロイスが《ハーメルの悲劇》を「12年前」と言っていることから、1204年内に起こった出来事であることがわかる。, 特務支援課がオルキスタワーの屋上にたどり着いたのは12時30分なので、それ以降の出来事。, 同日のトリスタ奪還作戦に際してカレイジャスで待機していたサラが、夕方にレクターの報告を聞くまで《碧の大樹》消滅を知らなかったので, 「碧の軌跡」でもディーターはオルキスタワーでの身柄拘束と逮捕は別に扱われている。「閃の軌跡II」で、12月31日にレグラムの遊撃士協会支部で、ディーター逮捕が最新情報として語られているため、12月30日中に起こった出来事と推定できる。, 攻略に要した時間は不明なので、《煌魔城》が消滅した時点で日をまたいでいる可能性がある。, 「閃の軌跡III」でエレボニア帝国の「内戦以降」に(ニーズヘッグの)「頭」が変わったと言われている, 《煌魔城》消滅直前の時点で、オズボーンがルーファスに対して「1週間」で後始末をするよう命じている。, ヴィータは「煌魔城の顛末の後」であること、オーレリアは「内戦が終わってすぐのこと」であることをそれぞれ言っている, クロウの埋葬との前後関係や時期は不明。このことを話す時にジョルジュは「再建されたガレリア要塞の最深部に保管されたみたい。」と伝聞として語っている, エレボニア帝国の内戦終結より後の出来事。リィン・シュバルツァーにより、クロスベルに犠牲が出なかった(詳細不明), リィンがクロスベルにいたのは3月9日までの1か月の期間なので、2月初めの出来事と推定できる。, 3月9日以前の出来事。3月9日時点でアイゼングラーフ号がクロスベルにいるので3月9日の出来事である可能性が高い(時間が明示されている帝国政府による他の演説は正午から行われている)。, 「閃の軌跡III」プレストーリー中のカルバード共和国の紹介によれば、この宣言は大規模兵力を投入した当初の《クロスベル戦役》に区切りがついたことによるものであったらしいことがわかる, 「閃の軌跡II」(周回プレイ時)のゲーム本編では3月13日に他のVII組メンバーもいる時に起きている出来事だが、「閃の軌跡III」ではトマスの正体を知ったのはVII組の他のメンバーの「卒業後」とリィンが言っている(説明の手間を省く方便として言っている可能性はある), 時期は1206年から見て「去年の夏」で「夏至祭を休んだ後」の出来事として語られているので, 第3機甲師団がゼンダー門から移った時期、オーロックス砦に移った時期、ゼンダー門からオーロックス砦に移ったのか、といったことは定かでない。, 第7機甲師団がゼンダー門に移ってきた後で、1206年5月頃の時点で半年ほど音信不通となっているため、1205年末か1206年初めの出来事ということになる, 正確な時期は不明。リィンと交戦した時点ではロイドに対する「逮捕命令」はまだ出ておらず, ヴァンダイクが学院長をしていた期間について、1206年時点で「一昨年まで」とも語られている, 完成時期は「閃の軌跡IV」のラインフォルトグループ・クロスベル支社のロビーに置かれた模型で確認することができる, 15日の時点で、オズボーンはクロワール・ド・カイエンの父親のことを「先代カイエン公」と呼んでいるので, ジュノー海上要塞は8月1日から見て「先日」駐留していた領邦軍が引き払い、正規軍の師団に明け渡したと言われている, 正確な時期は不明。「大戦が終結して間もない頃」(9月)にイアン・グリムウッドと接触するよりは前の出来事, 《黒月》の重鎮を安全に第三国に逃がすことを見返りにした契約で、8月29日から見て「先日」の時点で終了した, 新VII組やルーファス・アルバレア、ヴァンダイクがウルスラ病院を訪れた8月16日から見て「先日」なので, 正確な時期は不明。8月28日にイリーナ・ラインフォルトが《黒の工房》と手を切った後で、かつ9月1日以前の出来事, 両軍が停戦合意した時期は不明。帝国軍の撤兵時に共和国軍が追撃しなかった理由が「反撃を恐れたから」というものであることから, トールズ士官学院・第II分校が再開したばかりの頃の出来事で、この問題の解決には「4ヶ月くらいはかかる」と言われている, 正確な時期は不明。大戦後「数か月」後、エマがトールズ士官学院に入学のため里を出てしばらく経った頃から「2年半」後で、1207年2月のクロスベル解放よりは前なので, 同型艦であることから、建造されたのはカレイジャスIIと同時期かそれ以降と推定できる。完成時期は1207年3月22日より前ということ以外は不明。, 正確な時期は不明で、1206年末以降で、エンペラーが行動を始める1207年1月末(もしくは2月初め)よりは前の出来事ということになる。, 『創の軌跡』で《AZOTH》が永眠処理(シャットダウン処理)に移行した時点から見て「1238時間21分46秒」前(約51日半前)にあたり, 「閃IV」でも、クロスベル解放作戦が行われたのはアルカンシェルに3人の看板女優が戻った初公演の日と同日と言われている, 年度最後の機甲兵教練の当日で、リィンがティルフィングの2回目のテストに参加した日の「3日」前の出来事, オリヴァルト皇子の結婚式(3月3日)と翌日の武術大会(3月4日)よりは後で、クロスベルの再独立調印式(3月15日)よりは前の出来事, ミリアム・オライオンの復活やテルフィングの完成よりは後で、ランディ・オルランドが第II分校を去るよりは前の出来事, 事情を知らない者たちからは、ルーファス・アルバレアと衛士隊の一団が脱走した事件として認識される, 模倣擬態(シミュラクラ)の「ルーファス総統」と紛らわしいので、3月分については本物のルーファスのことは以降も「《C》」と記載する。, 『創の軌跡』の「創まりの先へ」に基づく。本編終了後の出来事が語られるこのエピソードは作品中の世界の未来で実際に起こることなのか、エリュシオンの未来演算による可能性のひとつなのか、定かでないとされている, 「閃の軌跡II」中の『黒の史書(1) 獅子戦役・勃発』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(6), 「閃の軌跡III」終章「誰がために鐘は響く」(7月18日) - ヘイムダル大聖堂より, 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(1) 帝都開闢~始まりの地』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(2), 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月27日) - 月冥鏡より, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月27日) - クエスト「記者ニールセンの取材」より, 「閃の軌跡II」中の『黒の史書(2) 廃都の暗黒竜』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(3), 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(2) 魔煌の傀儡兵』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(4), 「零の軌跡」終章「クロスベルの一番長い日」 - 24:00(太陽の砦。ヨアヒム・ギュンターの話)より, 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(3) 槍の聖女・前日譚』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(5), 「閃の軌跡II」中の『黒の史書(4) 創世の巨神たち』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(1), 「閃の軌跡II」中の『黒の史書(3) ドライケルス挙兵』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(7), 「閃の軌跡II」中の『黒の史書(5) 獅子戦役・終結』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(8), 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(4) 獅子心皇帝・後日譚』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(9), 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月30日)・アリアンロードの話より, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月29日)・クロスベルより, 「零の軌跡」第3章「クロスベル創立記念祭」 - 創立記念祭最終日午後(ミシュラム)より, 「零の軌跡」第3章「クロスベル創立記念祭」 - 創立記念祭3日目(ルバーチェ商会についての記録結晶)より, 「閃の軌跡III」第3章「鋼の鼓動~海都繚乱~」(6月10日) - テオ・シュバルツァーの手紙より, 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(5) 塩の杭』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(10), 「閃の軌跡II」幕間「白銀の巨船」(12月13日)・クロウ・アームブラストの話より, 「閃の軌跡III」第4章「赫奕たるヘイムダル」(7月17日) - クレイグ中将の話より, 「閃の軌跡IV」第II部「宿命の星たち」(8月24日) - トワ・ハーシェルの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月27日) - トワ・ハーシェルの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第II部「宿命の星たち」(8月24日) - ラウラ・S・アルゼイドの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月29日) - アッシュ・カーバイドの絆イベントより, 「閃の軌跡III」第4章「赫奕たるヘイムダル」(7月17日) - レクター・アランドールの話より, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月27日) - ミュゼ・イーグレットの絆イベントより, 「零の軌跡」第3章「クロスベル創立記念祭」 - 創立記念祭最終日午前(クロスベル市)より, 「閃の軌跡III」第3章「鋼の鼓動~海都繚乱~」(6月10日) - ユン・カーファイの手紙より, 「閃の軌跡IV」第II部「宿命の星たち」(8月22日) - サラ・バレスタインの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第II部「宿命の星たち」(8月24日) - マキアス・レーグニッツの絆イベントより, 「碧の軌跡」終章「それでも僕らは。」 - クエスト「ガイ・バニングス殺害事件の検証」より, 「閃の軌跡III」中の『黒の史書(6) 導力停止現象』より ※「閃の軌跡IV」では巻数は(11), 「零の軌跡」終章「クロスベルの一番長い日」 - 20:45(クロスベル市襲撃)より, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月29日) - クロウ・アームブラストの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第II部「宿命の星たち」(8月24日) - アルティナ・オライオンの絆イベントより, 「閃の軌跡IV」第III部「獅子ノ刻~閃光の行方~」(8月29日) - アルティナ・オライオンの絆イベントより, 「創の軌跡」ロイドルート Last Chapter「終焉、そして創まり」・《逆しまのバベル》出現後より, 「創の軌跡」Last Chapter「終焉、そして創まり」エンディング後の夢幻回廊(第四階層)より, 「創の軌跡」中のEpisode「創まりの先へ」・「そして、乙女は剣を手に進み続ける」より, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=英雄伝説_軌跡シリーズの年表&oldid=80759707, エレボスの地の災厄を御するために《焔の聖獣》ローゼリアと焔の一族の長は融合し、新たな存在となる, エレボニア帝国のヘイムダルにおいて、七耀教会の大聖堂(ヘイムダル大聖堂)が建立され、以後、ヘイムダルは「帝都」と呼ばれ始めるようになる, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、《暗黒竜》ゾロ=アグルーガが出現。瘴気に満ちたヘイムダルは瘴気によって満たされ、死の都と化す, アストライアは古代遺物《救済の指輪》を使うことで帝都の人々を救って脱出を助け、このことにより後に「奇跡の聖女」と呼ばれるようになる, 《暗黒竜》を生み出した《巨イナル一》の呪いの大半は《大地》の聖獣アルグレスが引き受け、その結果、《黒の聖獣》となったアルグレスは自分自身をヘイムダル大聖堂に置かれた《始まりの地》(複製)とともに封印し、帝都北西の地下に転移させる, エレボニア帝国において、皇帝ヘクトルI世が《魔女の眷属》と《地精》の助力を得て、《緋の騎神》テスタ=ロッサを起動し, 《地精》は呪われた《緋の騎神》を皇城地下に封印するにあたって協力したのを最後に、《魔女の眷属》に決別を宣言して姿を消す, 七耀教会における《空の女神》の聖像の形が固まり、多くの祭具の定型がこの時期に確立する, エレボニア帝国のトリスタの地で、《緋》のローゼリアに導かれたドライケルスが試練に挑み、, 7月1日、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、ドライケルス皇子とリアンヌ・サンドロットが《煌魔城》に突入, ドライケルスはその治世において、法・経済・文化における新制度を導入していき、近代国家の礎を築く, エレボニア帝国の《魔女の眷属》の里エリンで、リアンヌ・サンドロットが不死者として蘇る, リアンヌ・サンドロットが晩年のドライケルス・ライゼ・アルノールと再会するとともに、ドライケルスが《黒の騎神》イシュメルガによって苛まれていたことを知る, リベール王国のロレント市に、リベール王家、七耀教会、ロレント市の合同で時計台が建立される, リベール王国の国王エドガーIII世がツァイス技術工房を視察。多額の資金援助がされ、以降、リベール王国において導力器の普及が加速する, エレボニア帝国において、雪崩で家族を失ったギリアス・オズボーンがシュバルツァー男爵家に引き取られる, エレボニア帝国において、帝都ヘイムダルと、オルディス、バリアハート、セントアーク、ルーレの4州都全てが鉄道路線で結ばれる, 7月1日午後5時45分、ノーザンブリア大公国の公都ハリアスク近郊に《塩の杭》が出現し、大公国に壊滅的な被害をもたらす, クロスベル市、都市計画の第1期プランを開始。以降継続し、1204年には第5期プランが開始される, クロスベル自治州で《太陽の大鐘》が発掘され、その後、《クロスベルの鐘》としてクロスベル市の中央広場に設置(移設)される, エレボニア帝国辺境の駐屯地で、ギリアス・オズボーンがカーシャと運命的な出会いをし、後に結婚する, オズボーンの頭に響いていた《黒の騎神》イシュメルガの声は、この時を境にほとんど聞こえなくなる, カルバード共和国領海において、客船《エテルナ号》の沈没事故が発生。リベール王国のユーディス皇太子夫妻が死去, ノルド高原の山間部において、クロスベル自治州からノーザンブリア自治州に向かう国際飛行船が墜落し、乗員乗客の全員が死亡, エレボニア帝国のアルスターにおいて、ある貴族に雇われた猟兵によりレンハイム母子が襲撃され、アリエル・レンハイムは死去し、ミュラー・ヴァンダールの働きによりオリビエ・レンハイム(オリヴァルト皇子)のみ助かる, エレボニア帝国において、皇帝が崩御し、ユーゲント・ライゼ・アルノールが第87代皇帝ユーゲントIII世として即位, 《緋》のローゼリアが2人の愛弟子のため眷属創造の秘術を使い、セリーヌとグリアノスを生み出す, 4月、エレボニア帝国の帝都ヘイムダル近郊において、ギリアス・オズボーンの自宅が猟兵により襲撃され、オズボーンの妻カーシャが死去, 瀕死となったリィンを助けるため、オズボーンは《黒の騎神》イシュメルガに自らの魂と肉体を捧げ, 宣戦布告とほぼ同時に、エレボニア帝国軍の第13機甲師団がリベール王国のハーケン門への攻撃を開始, 王国軍大佐カシウス・ブライトは警備飛行艇を用いて各地方の関所を奪還して帝国軍の連絡網と補給を断つ反攻作戦を立案、指揮し成功させ、帝国軍の侵攻を一時的に退ける, エレボニア帝国軍の砲撃により、リベール王国ロレント市の時計台が崩壊。この際に娘のエステルをかばった, 8月初め、リベール王国領内に侵攻したエレボニア帝国軍が降伏。エレボニア帝国がリベール王国に停戦の申し入れをする, 戦後、エレボニア帝国では軍事裁判が行われ、ハーメル事件を引き起こした主戦派将官の全員が極刑となり口封じが行われ、ハーメル村の存在も地図から消される, 七耀教会の仲介により、エレボニア帝国とリベール王国の間で講和条約が締結される。帝国は正式に謝罪を声明, 4月初め頃、オリヴァルト・ライゼ・アルノールとミュラー・ヴァンダールがトールズ士官学院に入学する, ヘルムート・アルバレア(アルバレア公爵)からギリアス・オズボーンを脅しつける依頼を受けた猟兵団《アルンガルム》がオズボーンの返り討ちにあい、団長の, 後日、ギリアス・オズボーンは事件を仕組んだルーファス・アルバレアと対面し、ルーファスは最初の《, エレボニア帝国政府がジュライ市国に対して、帝国の鉄道路線を同市に延長することを提案し、ジュライ市国はその提案を受諾, 結社《身喰らう蛇》と暗殺組織《月光木馬團》が全面衝突し、敗れた《月光木馬團》が消滅, 3月頃、オリヴァルト・ライゼ・アルノールがトールズ士官学院を卒業し、その際、エレボニア帝国の皇位継承権を放棄することを表明, 大陸中東部の郷が軍用艇を持ち出した武装商人によって襲撃され、偶然近くに来ていた《西風の旅団》によって撃退される, ギリアス・オズボーン(ドライケルス・ライゼ・アルノール)がアリアンロード(リアンヌ・サンドロット)と再会する, リベール王国において、遊撃士協会による猟兵団の一掃作戦が行われ、王国内の猟兵団が壊滅する, ゼムリア大陸各地の《D∴G教団》教団ロッジを遊撃士協会と各国の軍隊・警察が襲撃。遊撃士カシウス・ブライトによって総指揮が執られたこの作戦により、教団本体は壊滅する, 大陸中西部のエメローゼ市で、福音施設《紫苑の家》が猟兵団の襲撃を受ける。この事件で、星杯騎士団の正騎士, 8月22日、エレボニア帝国辺境において、帝国の貴族に雇われた猟兵団《北の猟兵》と企業に雇われた猟兵団, クロスベル自治州の聖ウルスラ病院を退院したティオ・プラトーがガイ・バニングスに伴われてレミフェリア公国に帰国, アリオス・マクレイン、遊撃士協会、レミフェリア公国軍が協力し、テロ実行犯の猟兵団《ニーズヘッグ》の《右腕》連隊を壊滅させる, トールズ士官学院を卒業したクレア・リーヴェルトが鉄道憲兵隊に入隊し、ミハイル・アーヴィングと再会する, エレボニア帝国のオルディスにおいて、ヴィータ・クロチルダに導かれたクロウ・アームブラストが試練に挑み、, ノーザンブリア自治州において、里帰り中のサラ・バレスタインをシャロン・クルーガーが1週間に渡って足止めする, エプスタイン財団が新型戦術オーブメント(第4世代戦術オーブメント)を実用化し、急速に世代交代が進む, ヨシュア・アストレイとカプア一家がリベール王国北部の霧降り峡谷にある旧空賊砦に侵入し、飛行艇《山猫号》を奪って逃走, エレボニア帝国において、クロワール・ド・カイエン(カイエン公爵)から新兵器開発の依頼を受けたG・シュミットが《機甲兵》の設計と開発を始める, オリヴァルト・ライゼ・アルノールが、リベール王国侵攻作戦で先鋒を第3機甲師団が務めるよう手を回す, リベール王国全土及びエレボニア帝国南部の一部地域において、導力が停止する事件が発生, エレボニア帝国軍の第3機甲師団が蒸気戦車を擁してリベール王国のハーケン門付近に展開, ギリアス・オズボーンと結社《身喰らう蛇》との協力関係が終了。結社の傘下にあった《黒の工房》は、オズボーンの陣営に密かに取り込まれる, ギリアス・オズボーンがリベール王国の王都グランセルとクロスベル自治州のクロスベル市を相次いで非公式訪問, オリヴァルト皇子が高速巡洋艦《アルセイユ》に乗ってリベール王国からエレボニア帝国に帰国, エレボニア帝国において、エプスタイン財団とラインフォルト社が第5世代戦術オーブメント「ARCUS」を共同開発し、トールズ士官学院で選抜されたトワ・ハーシェル、クロウ・アームブラスト、アンゼリカ・ログナー、, リベール王国から恩赦を受けたカプア兄弟と一味が空賊稼業から足を洗い、カプア特急便を立ち上げ、飛行艇《山猫号》を使った運送業を始める, リベール王国から恩赦を受けたアラン・リシャールが王国軍を退役し、ルーアン市でR&Aリサーチ社を立ち上げる, キリカ・ロウランが遊撃士協会ツァイス支部を去り、カルバード共和国に帰国して《ロックスミス機関》の室長に就任, ゼノ、レオニダスら、《西風の旅団》の残されたメンバーはルトガー・クラウゼルの遺志に従い、フィー・クラウゼルがサラ・バレスタインの下に行くよう図らう, ユン・カーファイがリィン・シュバルツァーに八葉一刀流・初伝を授けるとともに、指南を与えることを打ち切る, 24日から25日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が初の特別実習を行い、リィンらA班はケルディックへ、B班はパルムに赴く, クロスベル自治州において、《D∴G教団》による《教団事件》が発覚。大スキャンダルとなり、教団との関りが発覚した州議会議員たちが逮捕される, 29日から30日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が特別実習を行い、リィンらA班はバリアハートへ、B班はセントアークに赴く, エステル・ブライト、ヨシュア・ブライト、レンがクロスベルを去り、リベール王国に帰国する, クロスベル州において州議会議員補欠選挙が行われ、クロスベル市の前市長のヘンリー・マクダエルが当選。後、州議会議長に就任, 26日から28日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が特別実習を行い、リィンらA班はノルド高原へ、B班はブリオニア島に赴く, レマン自治州のエプスタイン財団において、完成間際のエイドロンギアが何者かに盗まれる, 24日から26日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が特別実習を行い、帝都ヘイムダルに赴く, 26日、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、皇族を狙ったテロ事件が発生。《帝国解放戦線》が実行犯として名乗りを上げる, エプスタイン財団が従来の第5世代戦術オーブメント(通称「ENIGMA」)にマスタークォーツ機能を追加した新型(通称「ENIGMA II」)を開発, 28日から29日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が特別実習(前半)を行い、リィンらA班はレグラムへ、クロウ・アームブラストらB班はジュライ特区に赴く, 翌日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組がガレリア要塞で特別実習(後半)を行う, 午後、オルキスタワーが《帝国解放戦線》とカルバード共和国の《反移民政策主義》の一派により襲撃される, 同日、クロスベル市において、クロスベル警察と遊撃士協会の官民合同プロジェクト《クロス・プロジェクト》が始動し、《試験班》が発足, クロスベル市に戻ったクロス・プロジェクト《試験班》が、クロスベル市で起きた異常の調査を始める, 同日午後、クロスベル警察特務支援課がクロスベル市に戻り、ジオフロントD区画でクロス・プロジェクト《試験班》と共闘, クロス・プロジェクト《試験班》の4人が、リベール王国・女王生誕祭の武術大会のエキシビジョンマッチでカシウス・ブライト、エステル・ブライト、ヨシュア・ブライト、レンの4人と対戦する, 同日夜、クロスベル市において、サミュエル・ライトナー逮捕のため、クロスベル警察によるジオフロント突入作戦が行われ、失敗する, クロスベル市において、遊撃士協会クロスベル支部、クロスベル警察、クロス・プロジェクト《試験班》により、サミュエル・ライトナーが逮捕される, クロスベル自治州において、警備隊とクロス・プロジェクト《試験班》による防空訓練が行われる, レミフェリア公国の公都アーデントにおいて、公国政府と遊撃士協会による猟兵団の一掃作戦が行われ、《D∴G教団》の旧レミフェリア・ロッジで、アリオス・マクレインとクロス・プロジェクト《試験班》により、猟兵団《ニーズヘッグ》の《, クロスベル自治州のミシュラム迎賓館において、クロスベル自治州、レミフェリア公国、リベール王国による三カ国会談が非公式に開催される, 25日から26日にかけて、エレボニア帝国のトールズ士官学院VII組が特別実習を行い、リィンらA班はルーレへ、B班はオルディスに赴く, 末、トールズ士官学院・特科クラスVII組がバルフレイム宮に招かれ、ユーゲントIII世に拝謁するとともに、ギリアス・オズボーン、《四大貴族》の当主たちと対面する, この襲撃により、IBC本社ビルと黒月貿易公司ビルが爆破され全壊したほか、劇団《アルカンシェル》の公演が襲撃され、, 21日、クロスベル自治州において、ロイド・バニングスがレイクロードIII世に爆釣勝負を挑み、釣公師団クロスベル支部を取り戻す, クロスベル自治州において、ディーター・クロイスが会見を開き、独立を認めない国に対して、IBCが預かる資産を凍結することを宣言, エレボニア帝国とカルバード共和国がそれぞれクロスベル自治州に対して、資産凍結解除が容れられない場合は軍事介入することを通牒(最後通牒), 夜、エレボニア帝国トリスタにおいて、トールズ士官学院・特科クラスVII組が士官学院旧校舎の第7層を攻略。《灰の騎神》ヴァリマールを発見, ディーター・クロイスが「クロスベル独立国」初代大統領就任を宣言。オルキスタワーにて、就任演説を行う, クロスベル自治州に侵攻したエレボニア帝国軍の第5機甲師団とカルバード共和国軍の空挺機甲師団がそれぞれ壊滅, 午後4時21分、《零の至宝》の力を得た《神機》アイオーンαによって、エレボニア帝国東部国境のガレリア要塞が壊滅し、列車砲2門とその周辺は消滅する, ロイド・バニングスらクロスベル警察特務支援課メンバーがクロスベル国防軍によって拘束される, カルバード共和国において、恐慌が発生するとともに《反移民政策主義》のテロが激化。非常事態宣言が出される, 正午、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、ギリアス・オズボーンが演説中に狙撃される。貴族連合が帝都を武力制圧, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、ヴィータ・クロチルダが幻焔計画の「第2楽章」の開始を宣言, エレボニア帝国のラマール州ラクウェルにおいて、アッシュ・カーバイドが自警団《ファフニール》を組織しそのヘッドになる, 30日、エレボニア帝国のユミルが、クロイツェン州に雇われた猟兵団《北の猟兵》により襲撃される, 10日、クロウ・アームブラストを除くトールズ士官学院・特科クラスVII組全員が再集結を果たす, 同日、トールズ士官学院VII組が飛行巡洋艦《カレイジャス》をオリヴァルト皇子から託される, 23日、エレボニア帝国のケルディックが、クロイツェン州に雇われた猟兵団《北の猟兵》による焼き討ちにあう, クロスベル自治州において、クロスベル警察特務支援課が星見の塔を攻略。クロスベル市を覆う《結界》が消滅する, 午前11時50分、エレボニア帝国クロイツェン州において、第4機甲師団と鉄道憲兵隊がクロイツェン領邦軍に対して侵攻を開始, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、セドリック・ライゼ・アルノールがバルフレイム宮の地下に封印された《緋の騎神》テスタ=ロッサと対面する, 12時00分、エレボニア帝国において、トールズ士官学院・特科クラスVII組らにより、トリスタ奪還作戦が開始される, 12時00分、エレボニア帝国において、第3機甲師団と第4機甲師団により、帝都ヘイムダル攻略作戦が開始される, ミルディーヌ・ユーゼリス・ド・カイエンが、ヴィータ・クロチルダとオーレリア・ルグィンに接触し、自陣営に引き入れる, エレボニア帝国において、貴族連合軍の旗艦だった飛行戦艦《パンタグリュエル》が帝国政府に接収され、後に皇族専用の儀礼艦に改められる, エレボニア帝国のクロスベル征討軍がクロスベル市に電撃的に侵攻し、同市を1日で無血占領する, 14日、ヘンリー・マクダエルがエレボニア帝国との条約に調印。クロスベル自治州は自治権を失い、エレボニア帝国領のクロスベル州となる, クロスベル警察はクロスベル軍警として再編されることになり、特務支援課は事実上の解散状態となる, エレボニア帝国によるクロスベル併合に反発したカルバード共和国がクロスベル州に侵攻し、エレボニア帝国と交戦状態となる, オリヴァルト・ライゼ・アルノールがグエン・ラインフォルトに高速巡洋艦《カレイジャス》の後継艦の建造を依頼する, クロスベル市のオルキスタワーにて、ギリアス・オズボーンと、クロスベル総督となったルーファス・アルバレアが演説を行い、エレボニア帝国によるクロスベル併合を宣言する, 9日、クロスベル市地下ジオフロントE区画において、ロイド・バニングスとリィン・シュバルツァーが交戦, リィン・シュバルツァーを除くトールズ士官学院・特科クラスVII組全員が士官学院を特例で卒業, エレボニア帝国において、セドリック・ライゼ・アルノールのトールズ士官学院入学が見送られる, 前年の《十月戦役》で猟兵団《北の猟兵》がケルディックを焼き討ちしたことについて、エレボニア帝国政府がノーザンブリア自治州に対して賠償請求を行う, 5日、エレボニア帝国政府からの要求に反発した猟兵団《北の猟兵》がノーザンブリア自治州議会を占拠し、帝国政府に賠償請求の拒否を伝える, 《緋の騎神》の影に苛まれて衰弱死に瀕していたセドリック・ライゼ・アルノールが、ギリアス・オズボーンの見舞いを受けた際に、起動者候補となることを受け入れ、以降、回復して別人のようになっていく, 末、エレボニア帝国の旧貴族連合軍が帝国政府との取引に応じて、ジュノー海上要塞を放棄, クロスベル市の旧IBC本社ビル跡地にラインフォルトグループのクロスベル支社ビルが完成, オリヴァルト皇子の護衛の任を解かれたミュラー・ヴァンダールは所属する第7機甲師団が駐屯するゼンダー門に移る, マテウス・ヴァンダールは帝国軍の武術総師範となったことで、帝都ヘイムダルからガレリア要塞に移る, エレボニア帝国軍のゼクス・ヴァンダールと第3機甲師団がクロイツェン州のオーロックス砦に配置転換される, 3日、エレボニア帝国のラマール領邦軍とサザーランド領邦軍を主力とする連合軍が、ノーザンブリア自治州に侵攻, 13日正午、エレボニア帝国軍がノーザンブリア自治州の州都ハリアスクの議事堂を占領。猟兵団《北の猟兵》は降伏し、終戦, オーレリア・ルグィンがユーゲントIII世からトールズ士官学院・第II分校の分校長の職を打診され、引き受ける, ユウナ・クロフォードがクロスベル軍警学校の単位を取り消され、クレア・リーヴェルトの勧めを受けてトールズ士官学院・第II分校に編入することを決める, エレボニア帝国において、領邦軍による《近衛兵》が解体され、正規軍による《衛士隊》が新設され、皇族と皇城の守護を担うようになる, エレボニア帝国政府により、星見の塔の《星の大鐘》がクロスベル州から運び出され、帝都ヘイムダルの帝國博物館に移される, エレボニア帝国のクロスベル州の鉄道が延伸され、クロスベル市、聖ウルスラ医科大学、ミシュラムが鉄道で結ばれる, エレボニア帝国のヘイムダル空港(帝都空港)に全面改装と大規模な拡張工事がされ、翌年初めまでの間に、新たに就航した分も含め国内7都市, 新年度にあたりトールズ士官学院から理事長、理事3名、ヴァンダイク学院長、トマス・ライサンダー教官が退任, エレボニア帝国において、エプスタイン財団とラインフォルト社が共同開発した第5世代戦術オーブメント「ARCUS II」が完成, 21日、トールズ士官学院・第II分校に特別装甲列車《デアフリンガー号》が引き渡される, 23日、エレボニア帝国のハーメル村跡でトールズ士官学院・第II分校と結社《身喰らう蛇》が交戦, 同日、エレボニア帝国東端のタングラム門に新型列車砲(ドラグノフ級列車砲)が搬入される, 21日、クロスベル州の星見の塔において、トールズ士官学院・第II分校と結社《身喰らう蛇》が交戦, 22日、クロスベル総督府は鳥籠作戦を終了し、ロイド・バニングスらが軟禁状態から脱する, エレボニア帝国において、ガルガンチュア級飛行戦艦(250アージュ級飛行戦艦)が完成, 結社《身喰らう蛇》の《破戒》とマリアベル・クロイスがアルテリア法国方面を担当することになる, エレボニア帝国のラマール州において、猟兵団《ニーズヘッグ》の《口》分隊と《耳》分隊が紫色の猟兵団と数日に渡って交戦を続ける, 朝、エレボニア帝国のオルディスが列車砲による砲撃を受け、ジュノー海上要塞は結社《身喰らう蛇》と猟兵団《北の猟兵》に占拠される, エレボニア帝国のノーザンブリア州州都ハリアスク近郊で、自律稼働兵器の工場が発見され、同日中にトールズ士官学院・本校によって制圧、破壊される, 夜、エレボニア帝国の帝都ヘイムダル近郊のヒンメル霊園で、アンゼリカ・ログナーがクロウ・アームブラストの遺体が消えていることを確認し、, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、カルバード共和国の特殊部隊《ハーキュリーズ》が活動を開始, エレボニア帝国政府からトールズ士官学院、遊撃士協会、《カレイジャス》に夏至祭における帝都防衛の協力要請が出される, 15日午後、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、カルバード共和国の特殊部隊《ハーキュリーズ》の05小隊がトールズ士官学院・本校I組と第II分校VII組によって捕らえられる, 午前、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルの地下道で、帝国政府と遊撃士協会により、特殊部隊《ハーキュリーズ》の掃討作戦が始まる, 午後、エレボニア帝国の帝都ヘイムダル地下で、トールズ士官学院・新旧VII組が《暗黒竜》ゾロ=アグルーガと交戦し、滅ぼす, 17日夜、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルの皇宮において、夏至祭の祝賀会が催され、ユーゲントIII世が銃撃される, それを受けて、夜の内に帝国では戒厳令が発令され、ルーファス・アルバレアを臨時代表とする戒厳司令部が発足する, 正午、エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、ギリアス・オズボーンが演説を行い、カルバード共和国との戦争に備えた『国家総動員法』を近日中に成立させる予定であることを宣言, 午後、エレボニア帝国のカレル離宮において、《黒キ星杯》が出現し、帝都ヘイムダルが大量の魔煌兵と幻獣に襲撃される, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、ヴァイスラント決起軍が蜂起し、飛行戦艦《パンタグリュエル》を奪取, エレボニア帝国において、オリヴァルト皇子、ヴィクター・S・アルゼイド、トヴァル・ランドナーを乗せた高速巡洋艦《カレイジャス》が空中で爆破され四散する, エレボニア帝国において、《根源たる虚無の剣》(《終末の剣》)を得た《灰の騎神》ヴァリマールが《黒の聖獣》を滅ぼしたことで、《巨イナル黄昏》が発動する, エレボニア帝国において、カルバード共和国への強制送還が予定されていた特殊部隊《ハーキュリーズ》05小隊が、皇帝暗殺未遂事件の発生によって、処分を留保される, エレボニア帝国のヘイムダル大聖堂において、オリヴァルト・ライゼ・アルノール、ヴィクター・S・アルゼイドらの国葬が行われる, 国葬の後、ヘイムダル大聖堂に集まった総大司教と、エレボニア帝国内の4人の大司教の間で会合が持たれる, 31日、エレボニア帝国中央議会の臨時議会において、『国家総動員法』が全会一致で可決, その後、構成員に向けて手配書として『3と9』が刊行され、事情を知らない一般市民の間でベストセラーになる, 《巨イナル黄昏》の影響で活性化した霊脈が導力ネットと影響し合い、エリュシオンが生み出される, エリュシオンは導力ネットワークにつながった導力器の余剰リソースを使って並列処理をすることで桁違いの計算能力を得る, エレボニア帝国の帝都ヘイムダルにおいて、軍事パレードが行われる。ヴァンダイクらが演説を行い、対カルバード共和国の征討作戦《ヨルムンガンド作戦》を発表, ロイド・バニングス、エステル・ブライトらが情報収集のため、オルキスタワーの魔導区画に潜入する, 隠れ里エリンにおいて、ユウナ・クロフォード、クルト・ヴァンダール、アルティナ・オライオンが2週間の昏睡から目覚める, カール・レーグニッツが帝都知事職を一時的に離れ、海都オルディスの暫定統括者として同市に着任, 処分を留保されていたカルバード共和国の特殊部隊《ハーキュリーズ》05小隊が拘置所から脱走, 12日、リィン・シュバルツァーを除くトールズ士官学院第II分校・VII組特務科全員が再集結を果たす, 昏睡状態だったユーゲントIII世が、転院先のクロスベル州・聖ウルスラ大学病院で目を覚ます, 16日、クロスベル州のエベル湖南岸において、試しの場を召喚させたルーファス・アルバレアが試練に挑み、《金の騎神》エル=プラドーの《起動者》となる, 17日夕方、新旧VII組が《黒の工房》の場所を特定し、リィン・シュバルツァー救出のため潜入し、翌日朝に目的を達成して脱出, 19日午後、ブリオニア島の陽霊窟において、リィン・シュバルツァーとクロウ・アームブラストが対決する, カルバード共和国で大統領選挙が行われ、現職のサミュエル・ロックスミスは落選し、半年後に退陣することが決定, 22日、ヴィルヘルム・バラッド(バラッド侯爵)が旧都セントアークの暫定統括者となる, アルテリア法国で事件があり、星杯騎士団と結社《身喰らう蛇》との全面衝突の様相となる, 25日、リィン・シュバルツァーらがトールズ士官学院・第II分校を解放し、第II分校生と本校生の大部分がデアフリンガー号でリーヴスを離れる, 午後、エレボニア帝国、カルバード共和国、リベール王国の3ヶ国の国境上空、飛行戦艦パンタグリュエル内で、《, 遊撃士協会リベール支部の一行、クロスベル警察特務支援課、トールズ士官学院VII組が一堂に会する, ルーファス・アルバレアにより、ロイド・バニングスに対するクロスベル総督府からの指名手配が解かれる, 死亡したと思われていたオリヴァルト・ライゼ・アルノールが、高速巡洋艦《カレイジャスII》と共に現れ、《光まとう翼》の結成を宣言, 午前、トールズ士官学院・新旧VII組とセリーヌが《焔の灼獣》ローゼリアに挑み、《月鏡鏡》により、過去に起こった出来事の真相を垣間見る, 午後、ハーメル村跡に出現した《龍の霊場》において、リィン・シュバルツァーとルトガー・クラウゼルが対決する, クロスベル州南東に広がる湿地帯に出現した《星の霊場》において、リィン・シュバルツァーとアリアンロードが対決する, 決着後、《金の騎神》エル=プラドーが《銀の騎神》アルグレオンを騙し討ちしたことで、その力を取り込む, アリアンロードが消滅し、その間際に《灰の騎神》ヴァリマールと《根源たる虚無の剣》に最後の力を託す, 朝、エレボニア帝国のオスギリアス盆地上空に幻想機動要塞《トゥアハ=デ=ダナーン》が出現し、帝都ヘイムダル上空に移動, 夕方、《光まとう翼》はミシュラム全体に不可視の結界を張り、夜にかけて《翼の閃き》作戦の壮行会を催す, 午前、エレボニア帝国ラマール州に出現した《聖霊窟》において、リィン・シュバルツァーらが《大地の聖獣》アルグレスの残滓に挑み、大地の檻を入手, セドリック・ライゼ・アルノールがエレボニア帝国を出奔し、結社《身喰らう蛇》に身を投じる, ユーゲントIII世が復帰を宣言し、暗殺未遂がカルバード共和国の仕業でなかったことを発表, レーグニッツが帝都に戻ったことに伴い、ヴィルヘルム・バラッド(バラッド侯爵)がラマール州の統括代理に就任する, エレボニア帝国はカルバード共和国から天文学的な賠償を請求され、帝国政府、皇室、ラインフォルトグループ、四大名門が賠償金を賄うこととなる, 世界大戦をきっかけに猟兵団などの勢力が動き出すようになり、民間軍事会社のような組織も勢力を広げ始める, エリュシオンが通信端末を通してイアン・グリムウッドに接触し、以降の毎日イアンとエリュシオンの間で会話が交わされる, エリュシオンはイアンとの会話で得た感情と思考パターンをもとにシステムの疑似人格を形成し、イアンはそれを, 帝国政府の要請により、ラインフォルト社、ZCF、遊撃士協会の合同で《黒の工房》が残した問題を解決するための対策チームが組まれ、活動を開始する, 末、クロスベル市にて総督府の治安維持部隊だった衛士隊(総督親衛隊)が帝国臨時政府が決定した駐留軍撤退に反発して武装蜂起し、同市を占拠する, 世界大戦の再開を要求する衛士隊と帝国臨時政府の間で交渉が始まるが、交渉はその後も平行線が続く, リィン・シュバルツァーがギリアス・オズボーンの遺品を受け取るためにバルフレイム宮を訪れる, エマ・ミルスティンがエリンの里に一時帰省し、ローゼリア、ヴィータ・クロチルダ、セリーヌとともに白霊窟に入り、母イソラの遺したメッセージを受け取る, エリュシオンが限定式収束未来演算の結果、リィン・シュバルツァーのあり得たかもしれない可能性の一つとして, エリュシオンはイシュメルガの悪意に侵蝕されて暴走し、管理者人格のラピスを追い出そうとする, エリュシオンによる因果律への走査を検知したことで、因果律記述機関《AZOTH》が再起動する, 再起動した時点でエリュシオンはすでに不可能因果の再現を大規模な形で進行させていたため、《AZOTH》は特例措置として自らが管理する因果を司る高位位相空間に《夢幻回廊》を構築する, ティータがオーバルギアIVの試作機を完成させるが、バラッド侯の飛行艇を救出した際に大破させ、“新型重力機関”はエンペラーによって持ち去られて紛失する, クロスベル市で、特務支援課を含むクロスベル警察、クロスベル警備隊ら有志により《クロスベル解放作戦》が行われる, 帝国臨時政府からの逮捕委任状を受けた特務支援課がオルキスタワーに突入し、衛士隊と交戦し、17時14分に逮捕に成功する, 17日、マキアス・レーグニッツら司法監察院の監察官がエレボニア帝国からクロスベル市に派遣され、監察業務を始める, ラインフォルト社がクロスベル支社ビルの所有権を放棄し、IBCに引き渡したことにより、同建物が「IBCビル」に改称される, スウィン・アーベルとナーディア・レインがトランクを《C》に届けるようヨルグ・ローゼンベルクから依頼を受ける, スウィン・アーベルとナーディア・レインがクロスベル入りし、リーシャ・マオと面識を得る, 末、新旧VII組らが《黒の工房》跡地に赴き、残されていた予備の素体を使ってミリアム・オライオンを実体化させる, 6日、ミリアム・オライオンらがフランツ・ラインフォルトが用意していた《黒の工房》の隠し区画でアガートラムを復活させる, ユウナ・クロフォード、クルト・ヴァンダール、ミュゼ・イーグレットが、聖アストライア女学院で発生していた古代遺物《救済の指輪》による昏睡事件を解決する, エンペラーがTMP司令所に侵入し、大戦で使われた兵器群のクロスベルからの撤収計画に関連する記録を盗む, 後日、サラ・バレスタインとシャロン・クルーガーがクレア・リーヴェルトから“見えない男”の調査を依頼される, 9日、帝都ヘイムダルにてトールズ士官学院の第220期生が同窓会を行い、その後、クロウ・アームブラストはジュライ特区に戻る, 10日頃、《カレイジャスII》で新婚旅行に旅立ったオリヴァルト皇子とシェラザードと同乗していた乗組員全員が行方不明になる, マテウスがユーゲントIII世から極秘任務として捜索を依頼され、門弟たちとともに捜索を始める, トワ・ハーシェルが次年度からトールズ士官学院・第II分校の主任教官となることが決まる, 14日、オーロックス砦が《黒の衛士》たちに襲撃され、地下に拘置されていたクロスベルの旧衛士隊を脱獄させる, 《黒の衛士》たちは同地に収監されていたルーファス・アルバレアを抹殺しようとするが返り討ちにあい、情報を引き出したルーファスは独自に脱獄する, クレア・リーヴェルトの招待によりリィン・シュバルツァーら新VII組が温泉郷ユミルを訪れ、マテウス・ヴァンダールからオリヴァルト皇子捜索への協力を依頼される, 午後2時、クロスベル市にて、クロスベル自治州の再独立調印式が行われたが、ルーファス・アルバレアと黒い衛士隊による襲撃を受け、クロスベルは再占領される, 《新生帝国解放戦線》の《C》を名乗る人物がオリヴァルト皇子夫妻を誘拐したことを帝国軍情報局に対して声明する, 夜、オーロックス渓谷道で《C》がスウィンとナーディアの持っていたトランクを受け取る, エリュシオンによって引き起こされている事態に対応するため、《AZOTH》は《黒の幻夢鏡》と名乗ってロイドとリィンに《真・夢幻回廊》に入るための鏡を送り、彼らを呼び込む, 夜、帝都のヒンメル霊園で新旧Ⅶ組の一部と《新生帝国解放戦線》が交戦、リィンらは《C》の正体がルーファスであることを知る, 昼、《C》から得た情報をもとにリィンらはノルド高原で調査にあたり、オリヴァルト皇子夫妻を乗せたカレイジャスIIとその乗組員たちを発見し、救出する, ロイドらがクロスベル自治州のラインフォルト社工場跡に潜入し、模倣擬態(シミュラクラ)の存在などを知る, 昼頃、霊窟と精霊の道を使って、新旧VII組、ローゼリア、シュミットがクロスベルの湿地帯に転移する, ルーファス・アルバレア総統が大陸全土に向けて演説し、エレボニア帝国とカルバード共和国に統一国への参加表明を要求する, 夕方、リィン・シュバルツァーらが《響きの貝殻》を取り戻し、通信妨害を停止させ、ロイド・バニングスに連絡を取る, 作戦成功の直後、統一国政府が密かに建造していた《逆しまのバベル》の光学迷彩が解除され、エルム湖上にその姿を現し、《, 末、クロスベル警察特務支援課、トールズ士官学院新旧VII組、ルーファス・アルバレア一行らが《真・夢幻回廊》に再び取り込まれる, ヴェルヌ社が次世代戦術オーブメント(第6世代戦術オーブメント)の独自開発を発表し、エプスタイン財団との共同開発を一方的に打ち切る, レン・ブライトがジェニス王立学園から交換留学制度でカルバード共和国のアラミス高等学校に編入する, この年表は右記のゲーム本編の出来事と本編中で語られている出来事を作品中の時系列に沿って記載している: 「, 注釈の中で、作品名と、本編からの引用箇所を括弧「」で示した。本編中の時間経過に関する記述と言葉について、「10年前」と作品中で語られている場合は, この年表中の出来事の年月日は作品中で語られている情報から算出して推定されたものであることがある。推定による年月日を記載している場合、その旨の注釈を付けている。, 作品内もしくは各作品間で矛盾がある場合、後発作品の設定に準じて記載し、その旨の注釈を付けている。, 登場人物の誕生年については、各シリーズの主人公に限って記載している。その他の登場人物については、誕生について本編中で別の事柄と関連付けて特に語られている人物についてのみ記載している。.

住宅ローン減税 10年 後に 繰り上げ, ツイッター 意味が わからない, 一周忌 花 3000円, ロール ペンケース 紐, 女の子 イラスト 高画質, 沖縄 生活費 夫婦, 電動 自転車 パナソニック 修理,

△ BACK TO TOP △